organic、referral、directという言葉について簡単にまとめてみた。

先日、飲食店のお客さまから質問していただいたので、Googleアナリティクスのorganic、referral、directについて、簡単に説明します。

organic・・・自然な検索と思ってください。これが多いという事は、各検索エンジンの上位に上がってると言えます。

referral・・・どこかに貼られたリンクからのアクセスからのアクセスになります。
      ユーザー流入レポートなどから流入元をしる事ができます。

direct・・・そのまんまダイレクトに打ち込んで閲覧してくださった方です。
      携帯電話によっては、referralのアクセスでもこちらにカウントされてしまう場合があります。

none・・・ブラウザのURL部分に直接アドレスを打ち込んだり、メールに貼付けられたアドレスから来られたアクセスがここにカウントされます。

全体的なアクセスですとしてはFCとかではなく個人店1店舗なので少ないのは当然として1日に50人くらいのアクセスはほしいところです。
しかし、まぁ、マイナーなエリアで店をかまえてるって事を踏まえるといいんじゃないでしょうか?
あとは、前言った記事の書き方をして、写真を貼っていけば自然にサイトのファンがついてくると思われます。
読ませる・見せる記事を書く努力は必要です。
まぁ、人気サイトになって、本来の目的である集客に繋がらないっていうのも面白くないので、上手く店まで足を運んでもらう記事でお願いします。

例えば、クックパッドとかレシピのっけるだけで、一日に何百とかアクセスあります。
これは、日本中(もしかしたら他国からも)から朝食・昼食・晩ごはんと奥様や料理男子なんかがアクセスしてるので、相当な人数だと考えられます。
(パスタとか煮物とか、中華だったら酢豚とか餃子とか焼売とかの人気メニューが鉄板ですが)
まぁ、レシピを載っけるワケにもいかないのですがホームページ的には、検索されたいのでお客さんの興味がある事と自分たちの売りたいものを繋げていく接点を考えていけばいいと思います。
ここは、「接点=キーワード」っていう考え方で肉づけしていくと文章にしやすいと思います。

記事の書き方(コツ)ですが、その文章の核になるキーワードをタイトルと本文の2行目までに意識してちりばめてください。
(タイトル>文章の2行目まで>その後の文章)

理想を言えば、本文に写真を3枚程度、本文は1000文字目標で、内容に間違えのないように文章を書いてください。
(あまり気合いいれすぎて、三日坊主にならないように。ちなみにこの記事本文で1140文字くらいです。)

この文章を見ていただいたらバレてしまいますが、僕も文章が苦手なのでエラソーに言えません(笑)
でも、がんばってください。

あと検索ランキングを調べた所、現在、添付のような感じです。
これもまぁ、いい感じだと思います。
検索ランキング2013-07-01 22.42.53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です