BUFFALOのHDD,リンクステーション ネットワーク対応してみた 4TB LS410D0401

バックアップ用にSynology DiskStation DS216jが欲しい・・・
とずっと考えてましたが、その前に今あるNASでやってみたかったことをやってみました。
備忘録です(笑)。

やってみたいこと。
・ 外付けHDD(BUFFALO リンクステーション 4TB LS410D0401)の外出先からファイルを見たい。

使用している
WiFiルーターは、Appleの「AirMac Time Capsule」
対象の端末はMacBookProとかiPhone。

まずは、BUFFALOのNAS Navigator2を起動。
※ここに書いてる「アドレスA」ってのは、後ほど出てきます。
0029-01-17-1

Web設定を開きログインします。

スクリーンショット 0029-01-18 午後2.11.09

詳細設定で共有フォルダの設定をします。
公開したいフォルダを選んで設定します。

0029-01-17-6

公開プロトコルのWebアクセスにチェックです。
あとは、Webアクセスの公開モードを設定します。
0029-01-17-4

次にWebアクセスの設定をします。
0029-01-17-5

AirMacのWiFiルーターには、UPnPなるものがないので無効にして後ほど手動で設定します。
0029-01-17-5

これで設定すれば、リンクステーションのWebアクセスの設定は、完了。

次は、AirMacのWiFiルーターの手動設定。

AirMacユーティリティを立ち上げます。
(Macのアプリケーション → ユーティリティ → AirMacユーティリティ)

ネットワークのルーターモードを「DHCP と NAT」とやらに設定して下の方のネットワークオプションってのをポチっとします。
0029-01-17-2

NAT ポートマッピング・プロトコルを有効にします。
次の番号〜〜〜にチェックを入れ、ここで頭の方に書いたアドレスAを入れます。
0029-01-17-3

これで完了。

BUFFALOのNAS Navigator2からWeb設定のホーム → Webアクセスを開くと「Webアクセスを開く」というボタンがあるので、それをクリック。
スクリーンショット 0029-01-18 午後1.11.45

ウインドウが開くので右上のログインメニューからログインしてください。
0029-01-17-7

関係ないけどMac同士ならiCloudを使った「どこでもマイMac」ってのがあります。
スクリーンショット 0029-01-18 午後2.34.56

Amazon

BUFFALO リンクステーション スマホ・タブレットで使える ネットワークHDD(NAS) 高速モデル 4TB LS410D0401C

新品価格
¥33,847から
(2017/1/18 12:56時点)

楽天

★バッファロー(Buffalo) リンクステーション 4TB ネットワーク対応HDD LS410D0401C 【あす楽(平日のみ出荷)/代引除く】

価格:43,616円
(2017/1/18 13:00時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です